かーくんのきもち

ダウン症の息子かーくんの成長と家族の毎日をのんびり綴っています。。。

Archive [2008年10月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

ことば

先日親戚からりんごを頂いたので、かーくんにも果汁をあげました。少し前に梨の果汁をあげた時もおいしそうに飲んでいたのですが、りんごはよほど気に入ったらしく手で哺乳瓶を抱え込むようにしてのんでいましたその夜パパとねーねとかーくんで先にベッドにいってて三人でなにやら盛り上がっていたのですが、ねーねが「かーくんが“りんご”って言ったぁ、そんで“アップル”って言ったぁ」「ほんとぉすごいねぇ」なんて聞き流してたら...

いのち

かーくんが生まれてからインターネットでいろいろ調べたり、ブログをみたりしていて一冊の本に出会いました。作者の稲田 和恵さんもダウン症のお子さんをもつお母さんで、かーくんが生まれた理由が何か書かれているのではと思い購入しました。読み進めていくうちに涙があとからあとからあふれてきました。その涙は今までのメソメソではなく“いのち”の大切さと、かーくんが頑張って生まれてきてれた事へ感謝の涙でしたまだまだ弱い...

かーくんのきもち

このブログのタイトルを「かーくんのきもち」にしたのは先日ダウン症のお子さんを育てられてるお母さんのお話を聞く会があり、そこでの話しをヒントにこのタイトルにしました。その方のお子さんは今小学校に通われてて毎日楽しく過ごされてるそうなんですが、心無いお友達から「こいつ馬鹿だから何言ってもわかんねーよ。。」と言われたことがあったそう。。。でもダウン症の子はみんなが思っているよりもずっとわかってるんだよっ...

NICU

私の入院中はパパが毎日会社帰りにかーくんのお見舞いに行きデジカメで写真を撮って私の入院先にきてくれました。でもチアノーゼの症状や小さい体にチューブや点滴やらで痛々しそうで、写真をみるのも少しつらかった。心臓にあいたいくつかの穴の大きさによってはさらに専門の大きな病院へ転院するという話でしたが、検査の結果、手術も転院も必要ないだろうということで少し安心しました。パパもショックだったと思うのに、私の前...

出産

夜中に陣痛が始まり、病院へ。順調な出産で明け方4時過ぎには誕生しました。かーくんは元気な産声でうれしくて涙がとまりませんでした。看護婦さんが赤ちゃんをきれいに拭いてくるわねぇって連れて行き。私は分娩台の上でほっと胸をなでおろして休んでました。しばらくして病室に移った私に看護婦さんから赤ちゃんがうまく呼吸できていないのでNICUのある病院へ転院することを告げられました。ダウン症は検査をしてみないととの事...

妊娠中のこと

待望の二人目妊娠でうれしかったのと高齢出産で不安だった去年の暮れのこと、妊娠12週くらいだったかな?!エコーの検査で先生がやたらと真剣な顔をしてエコーを見つめてて緊張した顔で“赤ちゃんに頚部浮腫”があること、その厚みがかなりあり私の年齢からいって染色体異常の可能性が高いことをいわれ羊水検査をすすめられたんです。先生は検査を受けるなら早めにと急ぐので、その理由を聞くと検査の結果染色体異常だったら堕胎手術と...

左サイドMenu

プロフィール

kaakunmama

Author:kaakunmama
2008/6に生まれた“かーくん”
はダウン症でした。

生意気盛りのねーね(2001.11生)と
パパママの4人家族になりました。

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新トラックバック

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。